« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月31日 (月)

焦先生がいらして3日のリサイタル曲目を全て聴いていただきアドバイスを受ける

土日が開けて月曜日。各方面への連絡事項ほか今日からしっかり平日モードになって動くべく早めに起床。
色々な方面とのアポイントや時刻設定、車の手配などなどをこなしながら練習に食事の支度、そして昼過ぎには郵便局の方、豊田さんなどがみえる。
午後は本日のメイン、焦先生がいらしてくださり、3日のヴァイオリンリサイタルの曲目を全て通して聴いていただき、アドバイスを受ける。
6時頃まで、と言っていらしたけれど7時近くまで演奏へのアドバイスから、親しさの表現、そして親しく交流するのに必須の空間のもちかた、ピアノとの接しかたなどなど今日もたくさんの示唆をお話しの中からいただきました。
いつも雑談、といっても超ハイレベルの雑談の中身は後々発酵し、たくさんの示唆を、啓示をいただくのです。
3日のコンサート、舞台でどこまでできるか、舞台の上での模索は勇気がいりますが、舞台だからこそできる、舞台でしかできないこともあるのです。
焦先生のアドバイスをいただくようになって何年が経ったのだろう。
少しづつですが進歩していられるのは本当に先生の教えあってこそです。
そしてもちろん盛と一緒にいること、これが基本でもあります。
明日は11月、いよいよコンサート間近です。
夕食は弟宅にてスキ焼き、そして我が家から持って行った赤ワインでまたまた贅沢な宴となりました。
今日はとってもお腹が空いていたのでさらに美味しくいただけました。

| | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

日曜日 今日も一日生活を整えながら録音をとりながらの合わせ

今日も東京での生活を整えながら、夜8時まで録音を録りながらの合わせ。
昼食を作る前にはささっと買い物に行ったはずがささっとでは終わらず、スーパーで色々と食材を買い込み大荷物で帰宅。
今日からお料理も始動です。
夕食は今宵も弟宅にて、彼が仕入れてきてくれた色々で楽しくいただく。
大好きな和久傳さんの檻に入った小料理がすごく美味しくリクエストしたシャンパンにもぴったりでした。
北京からの食材は我が家の小会さんが作ってくれた鴨肉の醤油煮、そして金華ハムがスペインから輸入したイベリコ豚で作った48ヶ月ものの生ハム。これがとっても美味しいのです。
今宵も贅沢な宴となりました。

| | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

帰国第1日 まずは東京での生活を軌道に乗せる

昨夜というか今朝4時過ぎに寝て、なかなか寝付けずアラームをセットせずに自然起床をしたら既に10時過ぎ。
約3ヶ月半ぶりの東京での生活を軌道に乗せるのに夕方までかかってしまいました。
今回はそれでもコンサートまで余裕を持って帰国したので、そう焦らずに色々と整えられそうです。
4時過ぎからようやく練習 そして合わせ。
録音をとりながらの練習は効果も高いながら、時間が過ぎるのも早くあっという間に8時半になってしまいました。
夕食は弟宅にて。
北京から持ってきたお惣菜と弟大得意の和牛 ゆうちゃん作のサラダなどなどで、超快適且つお洒落な彼らのリフォーム完成後の新宅で大いに盛り上がりました!

| | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金)

午後の便で東京へ

昨夜は3時過ぎに就寝して今朝は小会さんが出勤する9時に起床。
何時もながら慌ただしい出発当日です。
結局荷物はトランク6個、迎えに来た杜くん曰くお引越しさながらですね、とのこと。
確かに荷物は多いが、我が家がお引越しをしたらトランク6個どころか、コンテナ6個でも収まらないと思います.....。
今日も時間ぎりぎりの空港到着でしたが、友人スタッフのお陰そして盛の車椅子サービスのお陰で無事機上の人となりました。
到着前の1時間はかなり揺れる。
東京は雨。寒いのかと思ったら、北京から来た私たちにとっては寒さは全く感じません。
税関で、ずいぶんの大荷物ですねえ、と聞かれた私のトランク6個の中のコートやニット物は滞在中果たして出番があるのか....やはり大陸北京と島国の首都東京とは陽気が違うのです。
帰宅後は6個のトランクの荷物の一部を整理し弟宅へ。
リフォーム完成後の空間はとっても快適ですが、耐震工事中の雨で最上階は雨漏れ....。
今秋は北京も東京も雨の日が多い。
両親不在中に雨漏れを発見した甥っ子たちは、しっかりバケツで水受けをしていたそうで、本当に頼もしくなって来ました。
弟宅から戻り、荷物の整理の続きをしながら夜食を食べて、色々しているうちに明け方3時になってしまいました。
でも北京時間だとまだ2時 、と思い一人色々やっていたら、ベッドに入ったのは4時になってしまいました。

| | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

帰国前日 お土産購入他

今日も北京は雨で肌寒い。本来なら出掛けたくないところですが、必須のお土産購入の為 午後から服飾マーケットへ。
行きつけのお店が長期閉店で、右往左往し5時過ぎにようやく買い物を終えネットでタクシーを呼ぶのも雨天で至難の業.....20元の上乗せでようやくタクシーを呼べて帰宅。
15分後には、盛の傷口の診察と私の漢方薬他を届けに張先生のご子息と劉主任がみえる。
今日は肌寒いのでお茶の代わりにお味噌汁と草加煎餅をお出ししてみました。
先生方がおかえり後は夕食の支度。
食後は延々深夜まで荷作り他。何時もながら移動の荷物の量は半端ではありません......。

| | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

ヴァイオリン熱愛家 谷氏のワークルーム訪問

今日は午前中に合わせをし、午後は杜くんの運転で銀行二件回り中日友好病院で盛の薬を取り帰宅後、再び録音を録りながらの合わせ。
5時半に約束した迎えの車は大渋滞で6時過ぎに我が家に到着。
谷氏がワークルームを持つ友誼賓館の社長さんが自ら運転しお迎えに来て下さいました。
友誼賓館に到着後は、谷氏の友人ご夫妻も加わり皆で広大な敷地内の一角のレストランで夕食会。
友誼賓館は1954年築の旧ソ連の面影深い歴史あるホテル。
私もコンサートやイベント他で何度も訪れ思い出ある場所です。
このホテルの広大な敷地内には、北京の街並みからはほぼ消失してしまった古き良き北京の香りが一杯です。
食後は、90年代に多くの日本人教授が暮らした专家楼の谷氏のワークルームへ。
大のヴァイオリン愛好家の彼のコレクションを演奏し 私は発明家の彼のギネスブック搭載作品 玉ピアノで伴奏、ミニコンサートと相成り今宵の集いに音楽の華を添えました。
帰路はお酒を飲まなかった熊氏の奥様の運転で帰宅。
音楽と共にある時間は過ぎるのが早く、今宵はあっという間に深夜1時過ぎになってしまいました。

| | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

帰国前に再び張先生の病院にて三氧治療

今日、午前中は韓国公演を控えたヴァイオリニスト氏が天津から盛のレッスンを受けに
みえる。梁祝を弾くのですが、とっても良いレッスンを受けられたと帰って行かれました。
午後は杜くんの運転で昌平の張先生の病院へ行き、三氧治療を受ける。
今日は二人ともスムーズに採血していただけました。
そして肩を冷やして痛みが出ている盛と腰がすっきりしない私は張先生に針治療もしていただきました。
帰路は先日盛が買って来た不良品の交換に盛が行きつけのマーケットによってもらう。
私は全く買い物がなかったのですが、盛がスーツを買ったりしていて小一時間以上かかってしまい、帰宅したのは7時近く。
今日は練習を諦めて夕食の支度にかかり、食後は焦先生の動画練習。
途中止まってしまったもののなんとかまた画像が戻りました。
盛は購入を決めたニューフェイスくんのお手入れと調整に余念がなく、しかし今宵こそは早めに就寝したいと思います。
この楽器は珍しく私がとっても音色を気に入って、一度は購入をやめた盛に、この音を逃すのはもったいないのはと提案して手に入れた楽器。
東京のリサイタルでデビュー予定です。

| | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

和平里にて家族夕食会

今日も曇って寒々しい陽気。
これから11月中旬に暖房が入るまで、毎年北京が一番寒いと感じる季節です。
午後から出かけるつもりだったのですが、今日も変更して、昨晩YouTubeで色々聴いて考えた結果を元に1日練習日となりました。
夕食は和平里で家族の夕食会。シャンパオの手作り料理に我が家から持って行った五粮液原酒で大いに盛り上がりました。
家族の集いはやはり心が和みます。
帰宅後は焦先生の動画練習。今宵もネットの調子が良くて止まらず練習出来ました。
しかし夜の基本練習も難度が高くなっています。練習は短時間ながらすっきりします。
1日使った脳と体をリセットできていると良いのですが、どうもステージアップした動きについていかれないこの頃です。

| | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

体調不調で外出予定を練習日に変更

早朝、体調不良恒例のヘルペスの痛みで目が覚めてしまい薬を探して飲みようやく少し治まる。何時もながら疲れが溜まったり緊張が解けるとこうなってしまうことがしばしばあり、今日は少しリズムを緩めて練習と合わせの1日。
夕方シャンパオから電話があり夕食を皆で和平里のレストランで食べるとのことで、6時過ぎにタクシーを呼んで今日オープンという四川料理レストランへ。
上海での楽器フェアの為ロスから再び帰国した末の弟 中新 中麗 中華と彼女のボーイフレンドのクリスティアン カメラマンの林さん とシャンパオ 皆での楽しい食事タイムでした。
レストランは庶民の味 庶民の価格 オープン当日の今晩はまあまあでしたが、もう一度来ることはないかも、というレストランでした。明日はシャンパオが腕をふるって和平里で夕食会とのこと、彼は本当に盛家の家務長官です。
帰宅後はネットの調子が良く、焦先生の練習後、YouTubeで色々な演奏を聴きお勉強タイム。
盛はやはり恩師コーガンと演奏の風格が似ているなあ と思いました。
YouTubeって本当に色々な動画があり重宝しています。

| | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

愛楽楽団の指揮者 夏氏の結婚式へ

8時半前に起床。小会さんは本日8時半出勤。
9時40分に杜くんが来てくれて、一路郊外のクラブでの結婚式へ。
新郎は、先日CCTVのお仕事でご一緒した愛楽楽団の指揮者 夏氏 新婦はどんな方なのかしら、と楽しみに伺ったらとても親しいヴァイオリン教授のお嬢さんでした。
なかなか遠いわかりにくい場所にあるクラブでしたが、都会の喧騒を逃れたとても長閑で美しくロマンティックなお庭に式典会場が準備されていました。
音楽界の錚々たる面々が集まり、司会は有名テナー 戴玉强氏。牧師役も務め歌も歌いと大活躍 お疲れ様でした。
花嫁さんはボートで湖上から登場というロマンティックな式典は、来客席の賑やかな反応で大いにに盛り上がり無事終了。
式典後はお食事だったのですが、私達は式だけで失礼して帰宅。
昼食は自宅で食べて午後は練習。
盛が休んでいる間に珍しく映ったニコニコ動画で焦先生の今朝の練習をしたら、全く動きについていけず目が回って大変なことになり、しばし休憩。
昨晩の寝不足がたたったのもありますが、先生の動きについていくなんて全く無理.....とにかく眺めることから始めようと思った次第。
今日の練習はグリーグを中心に。
東京でのコンサートも間近です。
夜の練習で復活しようと思ったら夜は動画が映らず断念。
どうも混雑している時間はダメなようです、、、、。

| | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

ノルウェイから帰国している中華撮影中の映画のシーンを我が家にて撮影

今日も北京は引き続き雨。
一雨ごとに冬が近づききます、と言いたいところだが、今年はなんだか蒸し暑くなったりして変な陽気です。
午後、盛が銀行とショッピングに出かけたので、私も銀行の用事を済ませねば、と担当の方に連絡を入れたら、なんとお返事はバリ島から。
バリで休暇を堪能中とのことで、中国もそういう時代なのね〜、とその変化の大きさをまた改めて感じました。
で、銀行は担当の彼が帰ってから行くことにして、午後は練習時間となりました。
盛が帰宅後、今宵は早めの夕食。6時半過ぎに食べ始め、片付けた後はお客様を迎える支度とメイクと着替え。
今宵は中華と彼女のボーイフレンド氏、カメラマンさんがみえて、彼女が撮影中の映画のシーンを我が家にて撮影する。
盛と彼女の兄弟デュオ、交流の様子などを撮影後は階下に降りて、盛とグリーグのソナタを弾きそれをカメラに収める。
撮影がスムーズに終わった後は、11時近くまで歓談し、彼女たちが帰った後は明日の支度をする。
明日は午前中、指揮者の夏氏の結婚式に参列予定です。

| | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

中山音楽堂にて楽器の音比べ

今日は曇り、スモッグは昨日より良いと思うがどんより曇ってすっきりしない。
午前中は杜くんの運転で中山音楽堂へ行き、我が家にやってきたニューフェイスくんと盛の楽器、昨日やってきたガリヤノ計4台の楽器の音比べ。
楽器の音比べではいつも中山音楽堂に大ホールを提供していただくというありがたいサポートをいただいています。
10時半から12時過ぎまでホールという環境での楽器比べは私にとっても良い勉強となりました。
一緒に音比べを聴いてもらった中龍夫婦とはホールで別れ、私たちは音楽堂の劉嬢と王府井のショッピングビル内の大董へ。
昼食は、中山音楽堂の徐社長にこのとっても素敵なレストラン 大董烤鸭店にお招きいただきました。
こちらは全てのお料理が芸術的、お値段も芸術的、、、、でもとっても美味しくいただきました。
来年はまた全国の保利傘下のホールでリサイタルツアーを企画予定です。
保利傘下のホールは今、全国50ホールを超えているそう。
新しいホールもあり楽しみです。
帰宅後、私は引き続き杜くんの運転で服飾マーケットに行き、明後日参列する結婚式のお祝い、日本の家族へのお土産などを購入する。
帰宅する頃には外は雨となっていてようやく呼べたタクシーで帰宅したのは7時過ぎになってしまいました。
今夜はまたネットがつながらず焦先生の練習ができずがっかり、、、、。

| | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

家族での遅ればせの誕生会

きょうはまたまたスモッグが出てすっきりしないお天気。
やはり北京でのマスクは花粉の時期の日本よりさらに必須です。
午前中、またまた我が家には面白い楽器がやってきました。
午後はその音を聴きに中龍がやってくる。
夕食は、今日ノルウェイから帰国した中華と彼女のノルウェー人の友人も一緒に家族18人での夕食会かつ10月5日生まれの妹 中麗と盛の遅ればせながらの誕生会。
ゴウゴウがネットで検索して予約したレストランはとっても素敵な空間でしたが高級なだけありお値段もお高く、大人数でいかにリーズナブルにしかしこのお店ならではの淮扬料理を堪能すべく、主賓の盛はメニューとにらめっこ、厳選に厳選を重ねてなんとか予算内でみんなが満足する会となりました。
ノルウェイの方も楽しんでいただけて良かったです。
帰宅後は午前中に一旦持って帰った楽器をもう一度持ってきてもらい中龍と音を聴く。
彼らが帰ったは11時半過ぎ、明日は午前中、中山音楽堂のホールでの楽器比べを予定しています。

| | トラックバック (0)

2016年10月18日 (火)

昼夜外食 添秋膘 食欲の秋!

今日は昼夜外食予定。
午前中はウィーン在住で帰国中の盛の友人が10時半にみえる。
彼女は盛が文革時代からのとっても親しい友人。
ソプラノ歌手ですが、今年80歳になられたとは思えない艶やかさ。
中国の方、特に音楽家は若いと思います。どうしてなのでしょうか、、、。
我が家で歓談後の昼食は、便利な歩いて行かれるお隣の大宅門へ。
帰宅したのは2時半過ぎ、程なく先日貸した楽器 ストラドを返しに岳さんがみえる。
ストラドの代わりにまた別な楽器をお貸しして、彼は大喜びで帰って行きました。
やはり楽器が良いと練習にも熱が入ります。
彼が帰った後は私たちの練習。
今日も録音を録りながら。こういう練習方式はソロの練習にも必須だとは思っているのですが、なかなか実行できずにいます、、、。
6時過ぎまで練習し、着替えて気分を変えて、湛江でお世話になった実業家、田さんのお招きで前に一度きたことがある白家大院という別荘式レストランへ。
今日はお庭を散策せずに直接お部屋へ。
前回は、雰囲気はとっても素敵だけれどお料理はピカイチというほどではないという印象だったのですが、今宵は前菜からしてグレードが高い。
その感想を話したら、田さんはこちらのレストランの株主のお一人だとのこと、なるほどと納得した次第でした。
白ワインが冷えていたのであれっと思ったら、前回は飛行機の時間がありゆっくりいただけなかったジラルドの生牡蠣が今宵もサーブされました。
田さんの細やかな心配りに感動です。
そのほかにも食べきれないほどのご馳走を堪能いたしました。
食欲の秋、冬に備えてしっかり脂肪も蓄えられているこの頃、明日も外食は続きます!

| | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

厲家菜の王さんご夫妻のお誘いで北京一美味しいという新疆料理レストランへ

今日はようやくPM2.5のスモッグから解放されすっきり晴れました。
お墓にも陽光が降り注いでいることと思います。
盛は午前中 B座の部屋の鍵の修理へ。
昼食は小会さんが買ってきてくれた食材で豊かな食卓となりました。
江团鱼を新しい調理法で作ってみたのですが大成功!
食後は学生さんが楽器を借りにくる。
彼女が帰ったあとは録音を録りながらの合わせ。
5時過ぎに切り上げ着替えて厲家菜の王さんが用意してくれた車に乗り、夕食会のレストランへ。
北京一の新疆料理レストランと聞いていたのですが、我が家からとってもとっても遠く且つ渋滞で何と2時間近くかかって7時過ぎにようやく新疆兵团ビル内のレストランに到着しました。
車酔いになってしまい、白湯を飲んでようやく落ち着きました。
王さんご夫妻とお会いするのは約1年ぶり、盛が骨折してからは初めてです。
新しい友人も一緒に本格新疆料理を堪能しました。

| | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

老五 中秀の納骨

明け方、また蚊があらわれて目が覚めたらすっかり眠れなくなってしまいました。
私の顔を何箇所も刺してお腹の膨れた蚊を発見はしたのですが、どうも取り逃がしてしまったようです。
なんだかすっきりしない朝となってしまいましたが8時前に起床。
今日は小会さんも8時出勤。
朝食後、シェンシュンの運転でシャンパオが遺骨を抱き一路 盘龙台公墓へ。
旅立って9日目、中秀は土に帰りました。入土为安 一足先に父母の元にいった彼、皆いつの日かこのお墓の元でまた一緒になるのです、、、、、。
先月15日に皆でお墓参りに来た折の写真を改めて眺めて人の命の儚さをひしひしと感じました。本当に今という時を精一杯生き抜く、というのがいかに大切か、彼が身をもってしめしてくれたのです。
此の世を去る時、良い笑顔で逝けるだろうか、、、、本当にいっときいっとき、感謝の気持ちを忘れず何事も誠実に精一杯できたらと思います。
昼食は家族18人で今日も徽州小镇へ。
中秋節のお墓参りの後もこのレストランに皆で来たのでした。今日も美味しく完食。
シェンシュンの車で送ってもらい、帰宅後は急いで着替えて、盛に同行して中央民主同盟創立75周年記念の大会でのコンサートへ。
彼が怪我をしてからはすっかり付き人兼となっています。
楽屋ではたくさんの懐かしい面々にお会いできました。
演奏は無事終了し、帰宅したのは6時近く。
近日はすっかり日が暮れるのが早くなりました。
とってもお腹がいっぱいで、一人だったら夕食を食べないところですが、盛は昼、演奏前でそんなにたくさん食べていなくて夕食抜きというわけにいかず、8時前にようやく腰を上げお料理をし夕食。
一緒に食卓に着くとどうしても楽しく食べてしまいます。
これでは体重は一向に減りません、、、、、。
なんだかとっても長く疲れた1日でしたが中秀の納骨という一大事を滞りなく終え家族皆、特にずっと老五の食事ほかの面倒を見ていたシャンパオ一家はホッと肩の力が抜けたことと思います。
中秀にはありがとう、と、そして最期までの頑張りに敬意を表したいと思います。

| | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

クラリネット協会の陶さんと社会芸術協会の秘書長さんたちと昼食会ほか

午前中は夏冬物、今度は靴類の入れ替え。
南方公演の時に履く万能選手を残し、ブーツなどを出しました。
昼食は、社会芸術協会傘下に入会する意向のクラリネット協会の陶さんを、邱秘書長にご紹介する昼食会がようやく実現しました。
レストランは我が家に近いのでまたまた徽州小镇。明日も昼食はこちらのレストランの予定です。
帰宅後は、中龍が下の息子とやって来て、ニューフェイスくんの音比べ。
その後は8時過ぎまで合わせ。
東京のリサイタルも近づいております。
遅くなってしまった夕食後は、焦先生の練習。
今日は朝の練習を、中龍たちが音比べをしている間にやってみたので、充実感あり。
明日はいよいよ中秀の納骨です、、、、、。

| | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

久しぶりに昌平 大卫医院にて三氧治療を受ける

今日は午前中、お仕事の報告に、社会芸術協会秘書長の邱さんがみえる。
午後は杜くんの運転で昌平の大卫医院へ三氧治療に行く。
まずレントゲンを撮ってもらい骨の治りを確認し、三氧治療へ。
今回は盛の一回目の針がうまく刺さらず、痛みに弱い彼は今日は治療を諦める、と言いだしたのですが、劉先生の励ましのもと、腕を変えて再度トライし成功。
私は前回散々だったのですが、看護婦さんのことも考えてトレーニングのためとトライ。
今回は1回目で成功し、看護婦さんも自信がついたようで良かったです。
治療後は、外出から戻っていらした張院長ともお会いできました。
で、私は腰の治療もしていただきました。
28日に帰国する前になんとか時間をとってもう一度治療に来る予定です。
帰宅後は、盛に仕事を探す相談に見えた方々がほぼ同時にみえて、彼らが帰った後は先月収録した北京テレビのお料理番組 食全食美の放映を見る。
盛のトークがとっても良くてすごく面白く且つ内容深い番組に出来上がっていました。
作ったお料理、鮭の頭の蒸し焼きも美味しそうに撮れていて一安心。
しかし最近のテレビって本当にハイビジョンです。
レンズを通すと年齢がしっかり写る感、、、、しかし盛はとっても若々しくて、つくづくカメラ写りが良いなあ、と感心いたしました。
やっぱり周嬢がいつも言うように、お顔のお手入れはマメにしないとダメだなあ、と放映をみて再認識した次第、、、、、。

| | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

楽器をお貸しした岳麟さんのコンサートを聴きに中央音楽学院ホールへ

今日は午前中、盛の楽器購入の意向のある地方の方がみえる。
彼の60本以上に及ぶヴァイオリンコレクションは一見の価値あり、ということでヴァイオリン愛好家の中でも有名なのです。いつかしっかり目録を作るべきだとは思うのですが、私たちはどうもそういった才能才覚にかけている。
夕方、5時半に岳さんの生徒さんの親御さんが迎えに来てくださり、一路中央音楽学院へ。
岳さんのリサイタルということで盛はなんとストラドを貸してあげたのですが、学院についてみたらリサイタルではなく、彼のお弟子さんも一緒の学習会のような意図のコンサートでした。
我が家にやってきたニューフェイスも岳さんのオープンニングの演奏に弾いてもらい、コンサートの最後に再び演奏した折はストラド。
どちらもとっても良い音色でしたが、私は個人的にニューフェイスの音色が気に入っている。
岳さんがアンコールにイザイを弾き終演。
若い学生さんたちの演奏、そしてその伴奏を聴いたのもとても良い勉強になりました。
帰宅後はやっぱり少しお腹が空いて遅めの夕食を食べる。

| | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

気温急降下 夏冬衣類の入れ替え

広東に行っている間に北京はすっかり深秋となり、今日は午前中に夏冬の衣類の入れ替えをする。
盛は髪を切りに美容院へ。
私は7月9日に東京で美容院に行った後はそのまま伸び放題、次回帰国時に真っ先に行きたいところですが、きっと練習優先でコンサート前は無理でしょう....。
午後は盛の生徒さん 中央音楽学院の岳さん夫妻 中龍がやってくる。
私はお茶を淹れてから、階下へ。
我が家のピアノはに台とも紺屋の白袴状態で、近日自宅で過ごせるまとまった時間が取れて、明後日にようやく調律をお願い出来ました。
7時過ぎまで練習し、そろそろ夕食の準備をしようかと階上に戻ったら、中龍と盛はまだ楽器の音比べに熱中している。
また我が家にニューフェイスがやって来ました。
と言ってもまだ臨時滞在ですが。
夕食は岳さんに頂いた今シーズン初の大闸蟹。
おそくなってしまいましたが美味しく楽しい夕食タイムとなりました。

| | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

老五中秀の告別式

7時起床。小会さんが8時に出勤してきてくれて、色々と仕事を頼み、私たちは迎えに来てくれたシェンシュンの運転でゴウゴウ、中龍と同乗し火葬場へ向かう。
予想以上に寒くて、コートを着てこなかったことを後悔。
控え室に暖房が入っていて本当に良かったです。
中秀が難病にかかってから、というか難病にかかったことが発覚してから2年以上経っただろうか。
本当に辛かったと思うが、彼は実に勇敢だった。敬意をもって皆でお別れをしました。
涙は止まりませんが、彼の表情はとても穏やかでした。
私たち一人一人に彼も返事をしてくれているような優しい顔、病魔から解き放たれて両親の元に行くのだと、天国に行くのだと信じています。
皆いつかは他界する。今、生きている今、本当にこの時間を大切にしたいと思います。
厳粛な儀式の後は、遺骨と和平里の家にもどる。
途中、中秀の自宅により、彼が最後まで暮らした部屋を見て改めて彼の才能、美的センスの高さを感じました。
昼食は家族皆で中秀も生前好きだった北京ダックのお店、四季民福へ。
帰宅後は冬物の衣類や電気ストーブなどを出す。
夕食は小会さんに煮込んでもらっておいた地鶏スープほかで軽めに済ませ、夜は周嬢のマッサージ。
心と体の疲れ療法を癒してもらいました。

| | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

5泊6日の汕尾滞在を終え帰京

8時半に起床。飲み過ぎで起きるのがちょっと大変でしたが、昨晩全く荷造りをしていないので、頑張って起床し荷物を整理しながら身支度を整える。
10時半過ぎに林文化局長、汕尾テレビのディレクター氏ほか関係者がみえて昨晩のコンサートの大成功と今回のコンクールの成果を再度祝福。
2年後のコンクールはもっと良いものに育てたい、と意気込みも上がっています。
私はそんなお話を聞きながら、忘れ物のないようとにかく荷作り。
11時過ぎに、昨晩すっかり酔っ払ってしまった高くんと画家の許さんとスタッフと一路深センへ出発する。
朝食は食べず、到着した日に最高に美味しい海鮮をいただいた街 鮜门に再び寄って海鮮を再度堪能し1時過ぎにレストランを出て深セン空港へ。
途中かなり渋滞しましたが、3時過ぎに無事到着。
今日は深センに宿泊する高くん、許さんとは空港で別れて私たちは海南航空の便で北京へ。
心配していた台風の影響はなく、30分ほどの遅れで9時前に首都空港に到着。
なんと気温は7度との機内アナウンスにキャビン内にはええ〜という声が上がりました。
本当にすっかり初冬のような陽気です。
帰宅後は荷物を片付けなんだかんだしているうちに3時近くなってしまいました。
明日は7日朝 逝去した老 五 中秀の告別式。
心重くなかなか寝付けない夜です。

| | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

馬思聡ヴァイオリンコンクール授賞式&記念コンサート

今日は朝食のバイキングを食べた後、盛が今晩のコンサートに着るワイシャツを買いに行くというので、バースデイケーキと靴を探して散策したフロア続きのショピングセンターへ一緒に行く。
ワイシャツはおそらくZARAにしかないのでは、と思ったら案の定。
南方の気候のせいか、特に紳士物はカジュアルで、Tシャツかポロシャツが中心なのですが、ZARAには予想どおりワイシャツがありました。
それも濃紺の彼のジャケットにぴったりのものがあり購入。
部屋に戻ってからはコーディネート。
濃紺のシャツに濃紺のブレザー、白いパンツに白い靴、この地方の陽気やコンサートの内容にとってもマッチした素晴らしいコーディネートが出来上がりました。
そして11時過ぎにホテルを出て今宵の授賞式と記念コンサート会場 馬思聡芸術センターに行き、審査員、関係者の記念撮影後、ホールにてリハーサル。
ピアノの位置を決め、音響の調整をし、盛と演奏する馬氏の代表作 思郷曲を合わせ一旦ホテルに戻りバイキングの昼食。
今日で4日目のバイキング、すっかり飽きてしまっていますがデザート嫌いの私が楽しみにしているのはこちらのデザート。全てプチサイズですがケーキ、ムーズ、ゼリー、アイスクリーム、クッキー、どれを食べてもとっても美味しいです。
食後は2時半から再び会場に出向いて、盛の提案でプログラムに加えられたリレー梁祝の合わせ。
オケは12月に共演することになった、恵州学院オーケストラのメンバー。コンマスは審査員でもあり広州交響楽団のコンマスでもある張さん。
ソリストは計6人。リレー演奏する案は一昨年のヴァイオリン学会年会でも一度実演していて、演奏効果は抜群、かつ今回は指揮者がなんと梁祝の生みの親 何占豪氏で、盛り上がること間違いなし、とリハを聞いて確信しました。
盛は最後の部分の難しいところから化蝶を弾き、最後は6人全員登場して演奏するという豪華版です。
リハーサルが滞りなく終わりホテルに戻り支度をして、市長さん主催の晩餐会へ。
演奏の前はあまり食べられないのですが、私たちは余市長さんのお隣で、色々と取ってくださるので食べないわけにもいかず、コンサート前にしてはちょっと食べすぎてしまいました。
7時15分にお食事会はお開きになり、全員マイクロバスでコンサート会場へ移動する。
授賞式からコンサートへ、盛との思郷曲を弾き終え、梁祝の出番を待つ。
ずっと舞台袖で録画しながら聴いていましたが最後は割れんばかりの拍手。
予想をさらに上回るの演奏効果でした。
全てのプログラムを終え円満にコンクール&記念コンサート全て終了。
コンサートを聴きにみえた楊正市長さんが終演後楽屋にみえて実に興奮して今回の全ての大成功を祝うスピーチを始められる。
そのあとは盛の挨拶、終演後40分以上、さながら会議のようでありました。
楊市長さんはそのあとの打ち上げまで企画されて、ホテルのテラスレストランにて大宴会と相成りました。
オープンテラスで海風が心地よく、市長さんがお持ちになった茅台の15年ものとこのレストラン名物の自家製ドイツ生ビールで乾杯。
全ての審査員の方々と馬氏のご遺族と大いに盛り上がりました。
で、部屋に戻ったのは何時だったのでしょうか、、、、。
盛の薬交換などはしっかりしたものの、荷造りはとても無理でした、、、、、。

| | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

盛のバースデイ 馬思聡ヴァイオリンコンクール第2日にして最終日

昨晩盛が寝てから作成したバースデイカードと貝殻の瓶詰めを枕横に置いておいたのですが、貝の瓶詰めの中に夜光の石が入っていて演出効果良好!目覚めとともに見つけてもらえたようです。
盛は今日も朝は8時15分にホテルを出て審査会場へ。私は朝食後部屋に戻り髪を洗いすっきりしゃっきりしてブログ更新のアップ作業をする。
コンクール審査は午前中で終了し、昼食は今日もバイキング。
午後は私はいつもの時間、2時に音楽教室の車がホテルまで迎えに来て練習ヘ。
盛はコンクール出場者たちとの交流会ヘ。
5時で練習を切り上げホテルに戻り、先ずはバースデイケーキをピックアップ。
程なく盛から電話が入り、部屋に戻って来ました。
今日の夕食は4階のレストランでお部屋を変えての食事。
入江を望む素晴らしい景色でカメラに収めたかったのですが、携帯を部屋に忘れて来てしまい断念。
今日のお料理での一番は、蒸しウニの餅巻き。餅というには日本のお餅ではなくて、北京ダックを巻くかわ。東京でもぜひ試して見たいと思いましたが、その為にはその餅を持って帰らねばならず面倒かも....。それより日本から蒸しウニの瓶詰めを持って帰って来た方が良いかもしれません。
食後 盛は公開講座へ。
9時過ぎに帰って来てから、サプライズのバースデイケーキカット。
盛が戻る前に東京の弟からもお祝いの電話がありました。覚えていてくれてありがとう!
円満に誕生日を過ごすことが出来ました!
そしてテレビのチャンネルが汕尾テレビになったら丁度コンクールの模様を報道していて見ていたら、何と続けて昨日の私の取材が別コマで放映され、しかもとっても長くてびっくり。インタビューから演奏 レッスンの様子などコンクールの報道より長かったような気がする。びっくりでした。

| | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

馬思聡ヴァイオリンコンクール第1日

起床。
今日から馬思聡ヴァイオリンコンクールが始まる。
午前中14人 午後14人を聴く審査員の仕事量はかなりのものがあると思います。
私は朝食後 部屋に戻りずっと出来ずにいるブログの更新をiPhone でトライ。
杭州のサミット前からずっと更新ページが開けなかったのですが、今日はアクセスできて、夜までかかって8月分を終了。
午前中は途中11時過ぎにホテルとフロアー続きのショッピングセンターに行ってみる。
先ずは忘れて来た夏用サンダルをセールで見つけ購入。約1200円 安かったです!
そして明日の盛のバースデイケーキを予約する。ベーカリーなのでお味は分かりませんが、雰囲気は出せると思います。
昼食は今日もバイキング。
食後 私は昨日の音楽教師ヘ練習に 盛は再び審査会場へ。
練習前に音楽教室のお隣の書店に行きバースデイカードを購入 何とか明日の誕生日の準備が整いました。
今日は練習後 汕尾テレビ局の取材を受ける。
そして練習を聞き付けて来た数人のピアノを学んでいるお子さんのワンポイントレッスンをしてホテルに戻り、夕食は4階の中国潮州料理レストランにて。
食後 審査員の方々は審査結果の会議。
私は部屋に戻りブログの更新。
汕尾滞在中に更新達成できそうです。

| | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

5泊6日の汕尾行 第1日

昨夜はカラオケと蚊の襲来で明け方4時を過ぎても眠れず、今朝は朝食も食べずに11時近くまで寝てしまいました。
盛が打ち合わせに行ったあと、フロントから電話が入り、スイートが空き移動可能になったとのことで、荷物を整理し8階のお部屋へベルボーイさんにサポートしてもらい移動する。
港を望むとても居心地の良いスイートルーム。
これでカラオケの騒音からも解放されて8日まで快適に過ごせそうです。
昼食はホテル2階のレストランでバイキングを食べる。
審査員の方々も順次到着して、彼らは4時から会議、私は2時にホテルを出て文化局に紹介して頂いた音楽教室の一部屋にて練習。
アップライトのかなり大変な楽器でしたが練習しないよりはマシ。
ハルピンの時のようにはいきませんが、明日から毎日お世話になることになります。
5時まで練習した後は教室の先生方と記念撮影。
ホテルの部屋に戻ると盛も練習していました。
6時からは市長さん主催の歓迎夕食会。
とても温和な女性市長さんです。
お食事後、審査員は明日から始まる審査を前に再び会場を移して会議。
私は部屋に戻り荷物の整理など。
Macを持ってこようか迷ってやめてしまった事を後悔....。
重たくてやめたのですが、持って来れば色々な作業が捗ったのに....。
パソコン専用の持ち運びバッグを購入しなければ....。
盛は明日からコンクールが始まり朝も早いので早めに就寝。

| | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

馬思聡コンクール開催地 広東汕尾市ヘ

午前中は荷作りの詰めをしながら連絡事項などをこなし、昼食後、1時前に杜くんが来てくれて一路T3ヘ。
ゴールデンウイークの真っ只中ですが杜くんも小会さんも休み返上でサポートしてくれていて本当に助かります。感謝です。
本日の移動、まずは3時発の南方航空の便で深圳へ。
5時過ぎに機内食の牛肉麺を食べ、6自前に無事深圳に到着する。
今回このコンクールの主席に盛を迎えるにあたり色々と連絡係になっている汕尾出身の画家 許さんも同便で一緒に迎えの車に乗り汕尾ヘ。高速を走り約2時間半、汕尾市に入ったところで夜食を食べ一休み。
海辺の汕尾市は海産物が本当に美味しくてびっくり。正に海鮮 新鮮かつ美味で、思いがけずたくさん頂いてしまいました。
食後はホテルへ。
汕尾に来るのは2012年に馬氏の生誕100年記念コンサートの時以来ですが、当時はまだなかった立派な五つ星ホテルです。
街並みもすっかり綺麗になっていてびっくり。変化大です。
こちらのホテルは大人気且つゴールデンウイーク中で空室がなく予定のスイートも満室で、5階のダブルセミスイートルームにチェックイン。
既に深夜12時を過ぎていて、早めに休まねばとトランクを開け簡単に荷物整理をしていてふと気がつくとカラオケの大きな音がしている。
何と2時半までこれが続き、ようやく3時前に静かになったと思ったら今宵もまた蚊の襲来で4時を過ぎても眠れず....。
明日はスイートが空くとのことなので、絶対に移動しなければとても審査員のハードなお仕事は出来ません....。

| | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

盛と鄧先生の治療へ

今日は盛と午後3時に鄧先生の治療を受けに、今彼女が勤めている美容院へ。
ここは我が家からとっても近くて助かります。
盛は骨折前からだから約9ヶ月ぶりですが、良い状態を保っていると鄧先生に褒められました。
彼は治療後帰宅してレッスン。
私が治療を終えて帰宅したのは7時過ぎていましたが、まだ范さんのレッスン中。
レッスンが終わって夕食を食べ始めたのは8時半過ぎになってしまいました。
食後は明日から広東汕尾で開催される馬思聡ヴァイオリンコンクールのお仕事ヘ行く為の荷作り。
広東は最高気温30度を超え最低気温も25度以上という陽気。
このお仕事から戻ったら夏冬の衣類の入れ替えをしようと思っています。
荷作りは今宵も深夜までかかってしまいました。
3時過ぎにようやく就寝したのですが、寝室に蚊がいて額を刺され目が覚めすっかり寝不足です.....。
秋の蚊は夏より酷い......。

| | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

中国の国慶節 ゴールデンウイーク幕開け

国慶節の今日から中国は1週間のゴールデンウイークに突入しました。
毎年数億人という数で国内国外旅行に人が動くのですが、世界各国この気前の良い中国の旅行者ゲット政策まで出ているそうです。
勿論日本もその内の一国です。
午前中はコンクールを受ける生徒さんが楽器を借りに来る。
午後、盛は中日友好病院ICUヘ老五の様子を見に行き、私は約2カ月ぶりで伸び伸びになってしまっている爪のお手入れへ。
帰路は、6日の盛の誕生日のプレゼントを買いに服飾マーケットヘ。国慶節のお休みの日に我が家に来てくださる張先生にもプレゼントを用意できました。
ところがお支払いをしようと思ったら財布がない。絶対バッグに入れたのに、これは大変、擦られた!落とした!と冷や汗をかいて盛に連絡して念のため他のバッグを見てもらったけれどど見当たらないとのこと、万事休す.....。
ネイルサロンに電話をしていたところに盛から再び電話が入って、バッグの中にあったとの事、持って出たつもりが忘れていたのでした。
お財布以外に現金を持って出たのでプレゼント類は購入できましたが、あまりに慌ててすっかり消耗してしまいました。
6時前に帰宅すると張院長と劉主任が既にいらしていて、早速盛の傷口を診て頂く。
今日からまた元のお薬に戻す事になりました。
診察後は徽州小镇にて夕食にお招きする。
国慶節返上でいらしてくださったお二人と楽しいお食事会が出来て良かったです。
12月4日まであと2ヶ月、なんとか転倒一年以内に完治して欲しいと思います。

| | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »