« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

友人のお誘いで老舍茶馆へ

今日は朝からスモッグがかかった晴れ。空気が淀んでいる。
午前中は国響の范さんが盛のレッスンを受けにみえる。私は階下にて練習。
范さんの奥様は又体調を崩して入院中との事で心配です。
健康でいられるというだけでも感謝しなければなりません。
午後は昨日買ったもののやっぱりいらなかったという結論に至ったダウンを持って服飾マーケットに日参。
甥っ子達へのお土産も購入して大急ぎで帰宅し、着替えて友人のお誘いでの老舍茶馆 での夕食会へ。
夕方突風が吹いてすっかりスモッグも晴れ、且つ渋滞も殆どなく5時半過ぎに老舍茶馆に到着する。
かつて2度ほど来たことがあるのですが恐らく20数年ぶり。
1988年開店時は500平米ほどだったお店も今や5000平米、そして食事の出来る個室5室の空間もあるとの事、変化の大きさに目を見張るばかりです。
今日の夕食会は2代目社長の尹さんのご招待。とっても美しい女性社長さんの理念と探求は私たち音楽家とも相通じるものがあります。
北京の民間文化の伝承の一役をしっかり務められていて、又一期一会という私のモットーの言葉を大好きと言ってくださいました。
また素敵なご縁が広がりました。
勿論京味のお料理 点心 どれも真心と愛情の結晶とも言える美味しさで、来月私の誕生日は焦先生ご夫妻をお招きしてこちらで食事をする事にに決定!予約をお願いしてしまいました。
私たちのテーブルの為だけに焼かれた北京ダックも素晴らしい美味しさでした。
チケットを頂いた茶館のエンターテイメントも是非観に来たいと思います。

| | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

久しぶりにフリーの一日、取り置きになったままのブーツを取りに服飾マーケットへ

昨日は快晴で、汕尾の方々も喜んでいたのですが、やはり今日は再び曇ってどんよりの一日。風が吹きあれないと空気が淀んでしまうのです。
午前中は、広州交響楽団のヴァイオリニストの方がみえる。
今宵国家第劇院でコンサートだそうです。
午後、盛は来月のオークションに出る楽器を見に出かけ、久しぶりにフリーになった私は足裏の治療とブーツが取り置きのままになっている服飾マーケットへ行く。
ウィチャットに連絡を下さった劉先生と張院長が我が家に診察に見えるまでには残念ながら帰宅できず、、、、、。
今日からまた傷口の皮膚再生のための新しい処方の飲み薬を2種いただきました。
なんとか今年中に完治してくれるようにと祈るばかりです。

| | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

中華慈善晩会のゲストで演奏

午前中は、関係者がみえ、愛楽楽団主催のヴァイオリンオークションの打ち合わせ。
私はお茶を出して階下に降りて練習。
広州では練習場所が見つからず、3日もブランク、これを取り戻すのにはやはり時間が必要です。
昼食後は、中華慈善基金の自閉症児童への募金を募る晩会にてゲストで演奏するため、釣魚台迎賓館へ。
今日はスモッグも晴れスッキリした好天ですが、釣魚台はいつ来ても本当に素敵な環境です。
大勢お集まりの会場で2番目に出演 演奏後はお先に失礼して帰宅する。
5時過ぎでしたが既に暗くなり始めています。本当に日が短くなりました。
夜は打ち合わせを兼ねて、汕尾の方々と食事会の予定でしたが、彼らの搭乗した便が2時間遅れ、明日お会いすることになる。
もう今月も月末、あっという間に2016年も終わってしまいそうです。
月日が経つのははやいですね。

| | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

北京へ

今日の広州は雨、今年は広州も本当に肌寒いです。
今朝は朝食も食べ、11時半に迎えに来てくれた南方日報のスタッフと、昨晩競演したバレリーナ邱嬢とお母様と、広東衛星テレビの王ディレクターとの昼食会へ。
公園内のレストランは緑がいっぱいで空気も新鮮。スモッグの酷い北京の空気は本当に憂鬱です。
食後は一路空港へ。生憎帰路の便は悪天候で遅延。
2時間以上遅れて7時半過ぎにようやく北京に到着しました。こちらは重度のスモッグ。休日返上で迎えに来てくれた杜くんの運転で帰宅したのは9時過ぎになってしまいました。
トランクを片付け少しホッとして時計を見ると既に12時近く。
早めに休みたいところでしたが、明日は来客と午後は演奏もあり、髪を洗いブローして2時半過ぎにようやく就寝。
長い1日でした。

| | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

広州白雲国際会議センターにて晩会➖向経典致敬➖出演

昨夜はやはりちょっぴり飲み過ぎました。で、今朝は朝ごはんを食べず部屋でゆっくりする。
盛はホテルを変えたお陰でお風呂に入れました。
11時半に今回の公演の協賛である南方日報のスタッフが迎えに来てくれて、昼食は越秀区にあるダイヤモンドランクの老舗レストラン 北園に連れて行って頂く。古い建物も部屋の装飾もとってもレトロで雰囲気があるお店。
勿論お料理もとっても美味しく、食は広州にあり、を実感。お料理を堪能した後は素敵なお庭を散策し、大満足でホテルへ。
スタッフの心遣いに感謝です。
今宵は本番なので再び盛のシャンプーセットをしたところで、広州在住のヴァイオリン製作家のファミリーがみえる。
第一世代は87歳、やはりお会いできる時には会っておかねば、と思います。でもとてもお元気そうで、盛の楽器を見てまたヴァイオリン製作の意欲が湧いてきたと言って帰っていかれました。
6時半にホテルを出て国際会議センター会場へ。
まずヘアメイクをして頂き、貴賓室で政府関係者の謁見を待つ。
それが遅れて開演も15分遅れ、8時15分に開演。
ピアノコンチェルト黄河の原曲 黄河大合唱の後、ヴァイオリン独奏とバレエの競演で思郷曲が始まる。
やはり本番がベストでした。
演奏後は再び貴賓室に戻り盛のインタビューを終えてホテルへ。
メイクを落として、コンサートを聴きに来てくれた広州の友人たちと約束したレストランへ。
友人も日本在住数十年の日本通、彼女の友人も日本では神保町それも懐かしの学士会館の近くにお住まいとの事で、また新しいご縁が広がりました。
ホテルに戻ったのは12時半過ぎ。それから荷作り 薬交換などなどを終え2時半過ぎに就寝。

| | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

午前9時半の便で広州へ

6時半に起床。小会さんも7時前に出勤してきてくれました。
杜くんが7時半過ぎに来てくれて、8時にようやく我が家を出発して一路空港へ。
南方航空のの機材はコンコルドA380 巨霸 といわれる二階建ての機内はとても広く、フラットに寝て3時間弱のフライトで昨夜の寝不足をすっかり解消し、美味しい機内食を食べ終わったところで、無事広州に着陸。
公演で盛と共演するバレリーナの邱嬢 マネージャー氏たちと一緒に公演会場と同じ建物内のホテルにチェックイン。
明日の公演は広州市政府主催のジョイントコンサートでテレビ局の中継も入る。
お部屋にチェックイン後はリハーサルのお呼びがかかるのをひたすら待つ。
結局3時からの予定は遅れに遅れ5時前にようやく会場へ。
でもその間に盛のシャンプー&セット完成!
盛が演奏するのは広東出身の作曲家 馬氏の思郷曲。ドイツに10年在住したバレリーナ 邱さんとの共演 伴奏は広州交響楽団。
やはり視覚的にはどうしてもバレエと均等にはならないので、ヴァイオリンソロの音響バランスをもう少し大きくしてもらうべくアドバイス。バレエとの共演は何度かしていますが、やはり難しいものがあります。でも邱嬢の踊りは妖精さながらでとっても綺麗です。
リハーサル後はホテル1階のレストランにて早目の夕食を食べ、夜の通しリハーサルに備える。
8時からはメイク 衣装を着けてのリハーサル。
オケともダンスとも随分息が合って来ました。
出番を終えた後は部屋に戻りホテルをお引越し。
私たちはどちらでもよかったのですが、条件の良い方へ とのマネージャー氏の意見で車で10分ほどのヒルトンホテルへ。
確かにホテルの環境はランクアップしましたが、会場からはやはり遠くなったので、やや心配ではあります。
再びチェックインの手続きをしてお部屋へ。
ヒルトンのスイートはやはり快適でお引越しの甲斐ありでした。
さしてお腹は空いていなかったのですが、スタッフから赤ワインの差し入れがあり、ルームサービスを取ってワインで乾杯。
フルボトル空けてしまいました。
でもしっかり盛のお薬交換は出来ました。

| | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

午後から盛と一ヶ月半ぶりの鄧先生の治療へ

今日は久しぶりに来客のない静かな1日。盛は午前中 小会さんと先日喻さんに頂き階下の部屋の窓際に立て掛けたままになっていた3枚の複製画を各部屋にかけてようやく部屋が落ち着きました。
午後は一ヶ月半以上ぶりに鄧先生の治療を受けに行く。
二炮医院と違うのは我が家にとっても近いという事。車で5分もあれば着きます。
何時もながら本当に丁寧な治療をして頂き、私が帰宅したのは6時過ぎ ネットで購入したアボガドを受け取ることができませんでした。
明日は8時前に家を出て空港に行くので、早めに夕食の支度にかかり、食後は10日ぶりの荷作り。早めに取り掛かったつもりでしたが就寝したのは何故かやはり午前2時でした........。

| | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

ピアニスト 劉詩昆さんのお招きで国家大劇院での中国ピアノ界の盛典コンサート鑑賞

今日は午前中 来月北京でのヴァイオリンのオークションを主催する愛楽楽団の団長さんが打ち合わせにみえる。盛はオークションの前にヴァイオリン所蔵 ヴァイオリンの楽器の魅力などをテーマに講演を頼まれているのです。ヴァイオリンコレクションのキャリアは並のものではないので適役だと思います。
夕方5時前に杜くんが迎えに来てくれて、国家大劇院へ中国ピアノ界の盛典コンサート鑑賞へ。
劉詩昆さんのお招きで6時からのレセプションから出席する。
会場がよく分からずようやく辿り着いたレストランでのレセプションでは劉氏の熱烈なスピーチのコーダ?部分を聞きビュッフェを頂く。会場にはよく知る面々がたくさん集まっています。
そしてホールの客席にも音楽界の面々がいらしてます。
7時半開演。コンサートのトップを飾るのは劉詩昆氏ご夫妻がとても可愛がっている香港在住の9歳のお嬢さん。まだまだ舞台の怖さなど分からない年齢で、堂々のトップバッターでした。
続いて国際舞台で活躍中の若手の演奏が続く。
皆さん本当に達者でバリバリ弾くし音楽的表情もあるのですが、やはり舞台で聴衆を惹き付けるのは神様に繋がる音楽の真髄を聴かせてくれる演奏家なのだなあと色々考えさせて頂くとっても勉強になるコンサートでした。前半?人の若手 中堅の演奏を聴き 後半は年齢もアップして音楽的深みもアップ。
後半のトップバッターにはノーベル賞受賞物理学者楊氏の若き奥様がゲストとしてベートーヴェンの月光第一楽章を演奏。
この大きなコンサートで大事故なく弾き終えたのはお見事でした。
特筆すべきはトリを務めたこのコンサートの企画者 劉詩昆氏の演奏。
彼の演奏は他の皆さんとは一線を画すものでした。
十数人のピアニストを一夜に聴く贅沢コンサートは本当にたくさんの収穫がありました。
終演後は舞台裏へ行き、劉氏、出演者の皆さんにお祝いを伝え、出演者の皆さんと舞台上にて記念撮影。
その後の祝賀打ち上げ会にもお誘い頂いていたのですが、そちらは失礼して杜くんの運転で帰宅。
それでも11時過ぎになっていました。
でも本当に聴く価値大のコンサートでした。

| | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

昼 再び徽州小镇へ 夜はゴウゴウと久しぶりの我が家での夕食会

北京は昨夜予報通り雪が降り、今朝はうっすらと雪化粧。
今日も午前中から生徒さんが楽器を借りに来たり、盛のかつての教え子で日本に30数年いらした申さんがみえる。
そして昼食は申さんの友人たちで盛のファンとおっしゃる方々と、二日連続で徽州小镇へ。
外へ出たら風が強くものすごく冷たくて、北京は昨夜の春雪で一気に真冬になってしまいました。昨日と同じ個室ですが、ガラス越しに望む元時代の土城は雪景色となり一段と趣深くなりました。
昼食会にいらした方たちは日本にいらした、という方ばかりで、思いがけずたくさん日本語を話すことができ、留日の微信群聊にも入れて頂き友達の輪が広がりました。
今日も3時過ぎまで話が弾み、帰宅したら既に喻さんがプレゼントしてくださる畫を持って玄関で待っていて、とりあえずいただいた3枚の額入りの名画の二玄社作法の複製画は12階の部屋へ。
この3枚の畫の本物は喻さんが所蔵していて銀行の金庫の中に保管されているのですが、北京と台湾のご自宅などに掛けて鑑賞するために複製画を二玄社作法で各3枚製作したその貴重な一枚を我が家にくださった次第。
3枚はそれぞれ傅抱石 齐白石 张大千の名作。
コレクションの本物は一枚数億円もするのです。
彼のコレクションはヴァイオリンだけにとどまっていません。
畫を運んだあとは19階の我が家で、彼が持ってきた2台のポッジと盛の楽器たちの弾き比べ。一緒に帰ってきた申さんも交えて7時近くまで楽器比べは続きました。
喻さんにお食事に誘われたのですが、夕食はゴウゴウを呼んで我が家での夕食会。
会食はまた次回に、ということで今宵はお開きになりました。
それから私は大急ぎでお料理に取り掛かる。
今晩のメインは冷蔵庫の上海蟹たちですが、久々に天婦羅に挑戦。
小海老と玉ねぎと香菜のかき揚げ、かぼちゃの天婦羅と2種類揚げましたが予想よりも上出来。稲庭うどんと関西風のうどんの出汁もすごく美味しくてゴウゴウにも大好評でした。
天婦羅、これからのレパートリーに加えたいと思います。
夕食の後片付けを終えたのは11時近くと、長い長い一日でした。

| | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

西安から友人の来訪

今日は昨晩バッファリンを飲み早く寝たおかげでスッキリした目覚め。頭痛の気配もなく、腰痛もまあまあの状態。
午前中、陳先生からいただいた上海蟹が届き、我が家の冷蔵庫の下段は完全に蟹に制覇されました。
上海蟹は新鮮なものは冷蔵庫で5日間ぐらいは活きている。なかなか生命力が強いのです。
心配した大雪はなく、今日の北京は雨。
昨晩西安から上京した友人が11時過ぎにやってくる。
彼らはと会うのはおそらく一年以上ぶり、盛が骨折をしてから初めてです。
北京在住の友人もほどなく駆けつけ、昼食は皆さんを徽州小镇にお招きする。
西安と安徽の料理は共通点が多いように思っていたのですが、彼らのお料理への評価は星5つ!飲まないと言っていたのに盛り上がって、持ち込んだ五粮液の原酒を皆で飲み干しました。といってもデキャンタに4分の1くらいしか入っていなかったのですが、、、。あとは赤ワインも少々。
本当に久しぶりに一緒にゆっくり食事ができました。
馬さんと王さんは夕方5時過ぎの便で西安に帰るそうで、本当に貴重な楽しい時間でした。
3時過ぎにレストランで別れ帰宅。
そしてまたまた毎年いただく上海蟹を取りに行ってもらうため、関さんに連絡。
その蟹を我が家に来ている中龍にも分けようとずっと待っていたのですが、彼が到着したのは8時近く。
我が家に二杯残してあとは蟹大好きの中龍さん一家にプレゼント。
明日は小会さんに4杯分けて、ゴウゴウを呼んでの夕食会で8杯蒸して完食予定です。
今日いただいた蟹もとっても美味でした。
大闸蟹の季節です!

| | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

腰痛から頭痛へ ダウン寸前の一日でした

数日前からぎくっとなった腰の痛みが引かず、朝晩自宅で理療している。
今日は朝起床の前にうつぶせで理療をしていたらうっすり頭痛が始まってしまった。
これがどんどん重たくなり、夕方とうとう我慢できなくなり練習を中止。
昼の食事も消化できていなかったようで全部戻してしまった。
バッファリンを飲もうか迷ったのですが、張先生の漢方薬を温めて飲んだら少し落ち着いてきた。
買い物に行っているらしい盛に連絡を入れ、ゆっくり夕食の支度を始める。
今宵は昨日周老弟から届いた大闸蟹を蒸す。
一人牡牝一杯ずつ、と思っていたら牝のカニを食べてお腹いっぱいになってしまった。
でも食事ができてよかったです、、、、。
しかし食後はやはり頭痛が始まり、お風呂に入って体を温めて早めに就寝。
うつぶせ理療は今日はもう無理でした、、、、、。

| | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

陳先生のお誘いで新疆料理の夕食会へ

今日の北京は曇りかと思ったら深刻な大気汚染、pm2.5汚染で霧がかかったように見通しが悪い一日でした。
夕方、陳先生が友人の車で迎えに来てくれて、夕食は海淀区の新疆料理店へお連れいただく。
こちらのお店の話は前から伺っていたのですがずっと行く機会がなくようやく実現しました。
とにかくスモッグと小雨も降り出し、且つ金曜日で道路は大渋滞。5時半前には我が家を出発したのに、レストランに到着したのは7時過ぎ、車の排気ガスもあって、外の空気は家の中にいた時よりかなりひどい状態。
豊田さんが送ってくれたマスクを早速装着して正解でした。車の中にいてもマスクをしなければ、と感じるほどでした。
さてさて期待したレストランは、ものすごく美味しかったです!
私たちが参加できるとのことで当初の5人の予定が倍の10人となり、小さめのお室におしくらまんじゅうでしたが、それがまた和やかで、本当に美食の夕べでした。
こちらなら渋滞をおしてでも食べに来たいと思います。
本当に最高でした!来月は是非焦先生ご夫妻とご一緒したいと思います。
で、満腹で帰宅し、先生の伊豆高原からの動画練習をして随分消化されました。
しかし良い食べ物は、本当にもたれません。
今日集まった面々で来年は良い季節を選んで新疆に旅行に行くことにもなりました。
陳先生がご一緒だったら健康面は問題無しです。崑崙山にも登るかもしれません。
新疆は近年ご無沙汰しているので何としても実現したいです!

| | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

外食予定は明日の勘違い、一日充実の練習日になる

盛は北京にいると、楽器を借りに来る生徒さんや、色々な方が出入りして慌ただしい。
そんな中、彼は午後、買い物にも行きました。
私は腰の痛みがよくなくて出かける元気はなく、一日充実の練習日となりました。

| | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

昼夜と外食の一日

今日は午前中 シャンパオが10月に亡くなった弟 中秀の遺品を届けにくる。彼は骨董文物を所蔵していて兄弟皆で分けることになっている。
眺めていたら涙が止まらなくなってしまった。
彼の死は今を大切に生きることが如何に大切かを諭してくれた。
遺品を片付け大急ぎで昼食会のレストランへ。
お昼は盛の親友でウィーン在住の周さんのDVD撮影の打ち合わせ。このDVDの作成は盛が周さんに勧めて実現したもの。
彼女の生徒さんたちが本当に一生懸命で 周さんの先生としてのお人柄を再認識。
人との繋がりは本当に大切な財産です。
帰宅後は練習に集中する。
そして夕食は江西会の方々と大宅門へ。
2食外食 楽ではありますが、少し食べ疲れの感。
外食は明日も続きます。

| | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

友人宅にて夕食会

今日東京の豊田さんからの忘れ物EMSが届く。和平里には昨日届いていたので、中2日、本当に便利なご時世ですが、やはり忘れ物はしないよう心がけねば。
午前午後と練習を中心に。
盛は南京から瀋嬢が楽器を借りに来て、午後も別の生徒さん といっても既に中央音楽学院の先生ですが、がお母様と挨拶にみえたりと大忙し。
夕方5時半過ぎに、ストラド デュポン将軍のオーナー 喻さんが迎えに来てくれて一緒に友人 楊さんご夫妻宅へ。
なんどもお誘いを受けていたのですが、スケジュールが合わずようやく今日実現しました。
ヴァイオリニストの謝楠嬢 高参くん 陈曦くんも来ていて、喻さんの名器 ストラド ポジ プレッセンダーを奏で音楽 美酒 そして奥様の手料理美食と本当に豊かな宴となりました。
ピアノもあり、本当に楽しかったです。
喻さんのストラドはやはり素晴らしい音でした。盛が自分の楽器を持って行かなかったのがとっても残念でした。

| | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

約3週間ぶりに大卫医院へ

今朝、劉先生からお電話を頂き、午後早めの時間に昌平の大卫医院へ治療に行くことになる。
杜くんの運転で午後1時過ぎに到着し、盛の湯薬と傷口洗浄用の漢方薬を頂き、私は張先生に脈診していただいて湯薬の処方を頂く。
三氧治療、盛は採血が上手くいかず今日は断念。私はやるでしょ?と聞かれ、せっかく言っていただいているし失敗のまま帰るのも何だしで意を決してお願いしたら、かつてないほどスムーズで針を入れるのも抜くのもほとんど痛みがありませんでした。
しかし肝心の盛が治療を受けられずがっかりでした。
彼の血管は見えなくて刺しにくいのですが、どうも看護婦さんもかなり緊張型のよう。
次回は何とかスムーズに行きますように....。
帰宅後は練習をしながら洗浄用の漢方薬を煎じる。
夕食前に、張先生に処方して頂いた私の湯薬も届きました。
夕食はヒラメのソテー雲丹ソースが大成功。
途中、CCTVのディレクター嬢が、自宅の菜園で採れた南瓜と地鶏の卵を届けてくださる。
前回頂いてすっかり感動したこの南瓜、凄〜く美味しいのです。
卵も楽しみ!わざわざ届けて頂きありがとうございました😊

| | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

自宅にて練習リハビリの一日

今日は曇りで肌寒い。我が家には既に暖房が入っている。
午前中のんびりリズムで動いていたら、ご相談ごとで江西省李渡同郷の陶磁器協会会長 曹さんが彼の会の会員の方を連れてみえる。
私は階下にて練習不足のリハビリ練習。
3日のヴァイオリンリサイタル後は雑事に追われて10日間まともな練習が出来ていなくて、取り戻すのはやはり一苦労です。
今日は一日中体と頭が痛く詰まっている感じ....。
今月後半はしっかり練習に集中しなければ!!!

| | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

江西省南昌にて 美術館 博物館それぞれの午前午後のイベントにて演奏

7時起床。昨日はあんなに良いお天気だったのに今日は雨。南方の天気は変わりやすい。
屋外での開幕式典という案を変更していただいてやはり正解でした。
午前中は南昌市内の美術館にて燕鳴画伯生誕100周年記念展覧会開幕式典へ。
いくつかの祝辞の最後に盛が挨拶をして30分ほどのミニコンサート。
絵画と音楽にはたくさんの共通点がある。調べが燕鳴画伯 盛の父 皆がいる空に響いているように感じたのは私だけではなかったようです。
式典後は燕鳴画伯の展覧会を鑑賞。
作品の素晴らしさ 画伯の純粋さ 奥様との愛 たくさんの感動と栄養を頂きました。
ホテルに戻り昼食後 午後は宿泊している南昌市下南昌県の燕鳴博物館開館式典へ。
午前午後と両方のイベントにいらした方がほとんどだったと思いますが、演奏は一期一会。
また午前中とは違う空気が流れました。
美術と演奏のコラボレーション 大好きです。
ホテルに戻りたくさんのサインをし、荷作りをして6時前にホテルを出て一路空港へ。
見送りのみなさんと別れてセキュリティチェックを通りダッシュでラウンジにて夕食を食べ最終搭乗で機内へ。
帰路も定刻に飛び、盛はまた機内食も食べていたようですが私は爆睡且つ気流が悪く揺れが続き飛行機酔いで何も食べれず北京に到着前にお水とバッグの中で邪魔になっていたスナックを食べる。
迎えに来てくれた杜くんの運転で帰宅したのは11時半すぎていました。
荷物を片付け午前中2時過ぎに小会さんにショートメッセージを送信して就寝。

| | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

午後の便で江西省南昌へ

午前中は荷作りに追われとうとうピアノには触れず、東京でのコンサート後 超練習不足が続いている。
盛はこの慌ただしい中、美容院へ行ってしまい11時を45分も過ぎた頃ようやく戻って来て荷作りをする。一個のトランクなので彼が入れてくれないと詰められないものがあり昼食を食べる前に杜くんが来てしまいました。
予定より遅くなってしまいましたが彼の運転は本当に安心。
今日もチェックインに間に合う時刻内に無事空港に到着しました。
便はほぼ定刻に飛び、約2時間のフライトで快晴で北京より暖かい南昌に到着しました。
といっても今日の北京は思ったほど寒くなかったのは、スモッグの傘がかかっているからかもしれません。
南昌は空気が良く快適です。
到着時刻を勘違いしていたスタッフの迎えを待つアクシデントがあったものの、一路明日のイベント会場のある郊外のホテルに6時過ぎに到着。
着替えて直ぐに歓迎の食事会へ。
今回のお仕事は、盛の父が生前懇意にしていた中国画の画家 燕鳴氏生誕100周年記念展の開幕式典と、画伯の美術館施工始動記念イベントと2つの式典でのミニコンサート。
今は亡き画伯の6人の娘さんたちも皆さんいらしてます。
中心になって全てを仕切っていらっしゃる2番目のお嬢さん 燕陵さんとお会いするのは画伯の生前 中国美術館での個展開幕式典以来なんと12年ぶりですが、お変わりなくお元気そうです。
政府内でのお食事会は、地元の新鮮な食材他とっても美味しく又食べ過ぎてしまいました.....。
今日ゆうちゃんが東京のマンションの水漏れを発見してくれたのですが、なかなか大事になりそうで頭が痛い.....。
ゆうちゃんのサポートに感謝です。

| | トラックバック (0)

2016年11月10日 (木)

11月10日夕方の羽田発アナで北京へ

今日は出発の日、何時もながら慌ただしい。
今回もサポートを快く受けてくれた豊田さんのお言葉に甘え、衣類以外はスーツケースの横に集合させて、彼女がパッケージしてくれることになっている。
1時前に来てくれた彼女が素晴らしい段取りで一個ずつスーツケースを完成させ計6個預ける荷物 重量も23キロ以内で荷作り完了!
木曜日が休みの弟一家に送られ一路羽田空港へ。
ラウンジで一休みし日本酒も頂き定刻に機内へ。
東京も急に寒くなって来ましたが北京もすっかり初冬の趣。
帰宅後は荷物を片付けながら再び荷作り。
明日は江西省に飛ぶ。
最後に明日久しぶりに出勤してくる小会さんにメールを送ったのは午前2時半過ぎ、寝たのは3時過ぎ、東京は因みに4時過ぎです。

| | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

焦先生の気功基本練習参加

今日はいよいよ今回の帰国滞在最終日。
午前中に金融関係の諸々を済ませ昼食後 行きはタクシーで千駄ヶ谷の道場へ。
焦先生の動きは到底同じには動けませんが、栄養 という概念を伺って臨んだ今回はすごく気持ちがよく、充実感いっぱいになりました。
帰路は伊勢丹へ行き、そこから御徒町 上野へ。盛はずいぶん歩きましたが、彼のお目当てのものが見つかり無駄足にならず良かったです。
夕食は弟一家を招いて年明けに閉店となってしまう尚古庵へ。
こちらのお店には思い出もたくさんあり、なくなってしまうのは本当に残念ですが、永遠というものはないので、やはり今を大切に生きていく事が大事。
今宵は甥っ子くん二人も本当によく食べました。
閉店までにまた何回か来られたらと思います。
帰宅後はひたすら荷作り他 2時過ぎまで頑張りました!

| | トラックバック (0)

2016年11月 8日 (火)

東京の山西同郷会の友人たちとの夕食会

今日は午前中早起きして少しでも練習をと思ったのですが、いろいろありとうとう間に合わず、11時からは痩身マッサージへ。
これは特別に半年以内という期限を無期限にしていただいて一昨年5回のコースで購入したものの、まだ今日で3回目。
キャンペーン中というハンドマッサージもついでにして帰宅。
せっかく美しくしていただいた手ですが、早速昼食作りなどなど水仕事。
食材を扱う折に手袋をするわけにもいかず、でも冷蔵庫を整理しながら麻婆豆腐、厚揚げの炒め物などを作り豊かな食卓となりました。
食後はまず両親のお墓参りへ。
なんとすっかり真っ暗な中のお参りとあいなってしまいましたが、お住職と久しぶりにゆっくりお話もできました。
盛が年内に山の上にあるこのお墓にこられるとは思っていなかったのですが、お参りできて本当に良かったです。
お寺からはタクシーで渋谷の東急ハンズへ行き、ヴァイオリン修理に使うグッズやお風呂用品を購入し、夕食は東京在住の山西同郷会の友人たちとの夕食会で南青山へ。
時計を見違えていて30分以上遅れてしまいましたが、みなさんとの夕食会、本当に久しぶりです。
かつては私が料理を作って我が家でよく集っていたメンバーです。
近年は日本にいる時間がどんどん短くなってお誘いを受けながらずっと一緒位お食事をする機会を作れずにいたのですが、今回は実現しました。
大のヴァイオリン愛好家の李さんは愛器ガダニーニを2台持ってみえました。
次回は年明け1月3日に彼の家で新年会の予定です。
食事を終えて外に出たらすっかり雨天となっていました。
明日は今回滞在最後の一日、年末は一体何日に帰国できるのか、、、、、まだまだ日程不透明の中国の仕事リズムです、、、、。
帰宅後、今宵は節子様にもお電話できました。

| | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

焦先生ご夫妻と八重子さんと銀座の厲家菜へ

今日は午前中証券会社の方がみえる。
近日の金融関係の方のご報告来訪はかなり落ち込むものがあります、、、、、。
しかし本当に金融理財、私は才能全くありません、、、、、。
彼が帰った後は大急ぎで昼食を作り食べて12時半から美容院フルコース。
なんと4ヶ月ぶりです。伸びきった髪はいつもコンサート前に切りたいのですが、半日美容院に座っている余裕がなかなか捻出できません、、、、、。
今日は時間がないことがしっかりスタッフに伝わっていて、4時半過ぎには美容院を出れました。4時間というのは早い方なのです、、、、。
で、一旦帰宅し盛の薬の交換をして、銀座の厲家菜へ。
今宵は焦先生ご夫妻と八重子さんをお招きしての夕食会。
アメリカから北京に戻った王さんにしっかりお願いしただけありました!
今日は本当に充実したお食事となりました。王さんの遠隔操作によるサービスの諸々、ありがとうございました!失敗は成功の母、過日のお昼から大きな進化でした。
最後は呉シェフもみえてお話も聞け、美味しいお料理を作られるその手間のかかり具合にも納得。一流のものはそう簡単にはできません。
帰宅後は、一緒にお食事をしたばかりの先生の動画練習。
もうすでに顔色からパワーまで違っていて、且つ半袖!さすがでした。
良い食事は体が軽くなる、というのは真実ではありますが、焦先生とご一緒に食事は本当に心身に栄養をいただきます。
そして雑談の中からたくさんの智慧もいただきます。そしてそれは今日いただいた麻豆腐のように発酵します。
来月北京でご一緒するのが今から楽しみです!

| | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

自宅にての色々

今日は午前中に、3月にクラッシュしてしまったパソコンの修理をしてくださった三田さんが遠く伊豆高原からそれを届けに来てくださり、我が家でセットアップやその他色々学習させていただきました。
お昼はバンデュミディでランチをご一緒し、一旦彼は仕事に行ってまた夕方我が家に戻って来ていただくという大変なご足労をおかけしてしまったのですが、色々と本当に助かりました。来年前半までに、現在化石状態のホームページの作成もお願いしております。
6時にはいつもコンサートの映像を撮ってくださっている吉原さまが先日のコンサートの画像を持ってきてくださり、客観的にコンサートを見てとっても良い勉強になりました。実は会場での録音を今朝方聴いて、ピアノの音がひどく、割れているし大きいしで、こんなだったのか、、、、、、とがっくり落ち込んでいたのですが、会場に響いていた音は全く違うとのことで、吉原さんが調整してくださった映像の中の音はCDよりずっとよく少しホッとしました。
しかしまだまだ、、、、反省点がたくさんですが、じっくり練習はやはり北京に戻ってからになりそうです。
東京での私は本当に忙しい。練習ではなく雑事に忙しい、、、、、でも雑事のない生活なんてありえません。ですからひたすら加油!

| | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

コンサート後 色々な調整ほかで一日自宅にて過ごす

今日は部屋の中を片付け、ようやくコンサート後の色々なことができました。
余裕があったら出かけてみようかとも思っていたのですが、結局一日家で過ごし、夕方学大のいつも必ず行くアンティークショップへ。
夕食は当直明けの弟家族と大鸿運天天酒楼へ行き、甥っ子たちの大好きな私たちが帰ってきた時だけの特別メニュー、水餃子を食べる。修ちゃんも楽しみにしていたのに、なぜか熱が出て残念ながらママとお留守番、でもお土産に持って帰った水餃子を早速食べていました。
思ったより元気そすで良かったです。
コンサートが無事終わり、ホッとはしたのですが、滞在日数はあと5日、もう3分の一しか残っていないので、やらねばならないことは山積み、頑張らねば!

| | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

昼 銀座の厲家菜にて今日帰国する周老弟たちとランチ

今朝はカンカンと耐震工事の騒音が鳴り響き起床。
やはり昨日のコンサートまで本当に音の出る作業を控えてくださっていたのだということがよくわかりました。ありがとうございました。感謝です。
11時15分に呼んだタクシーで銀座へ向かう。
今日は、夕方の便で香港に飛ぶ周老弟を招いてポーラビルの厲家菜へ。
彼はボルドーに北京ダック店を出店するので、その参考になれば、と思ってお呼びしたのですが、今日は再び六本木ヒルズ時代のノリに戻ってしまっていてすごく量が少なくて彼らは満腹になんて到底ならなかったのでは、、、、と思います。
昨晩皆飲みすぎたのが、この少量の食事にはよかったというかなんというか、、、、、。
7日に焦先生ご夫妻と八重子さんとのお食事会を企画しているのですが、頭を悩めてしまいました、、、、。
でも一緒に心置きなく楽しめる時間はとっても貴重で、今回は昨晩といい本当にゆっくりできました。
彼もすごく久しぶりに朝寝坊をしたと言っていました。
が、食事中に北京から連絡が入り、彼らは急遽香港ではなく北京に飛ぶことになり、夕方5時25分羽田発の全日空に便を変更し、3時過ぎに銀座で別れ彼らは空港へ、私たちは三越により帰宅。
ぐちゃぐちゃの部屋を片付け終わらないうちに6時になってしまい、銀行の新しい担当の方が挨拶にみえる。
今日は経済のお話もたくさん聞いて勉強にはなったものの、どうも私にはそういう才覚というか才能が欠如している、、、、としみじみ思いました。
8時過ぎにお粥➕色々なお惣菜を出してリラックス夕食。
盛は早寝、私はパソコンでの色々をこなし1時前に就寝。
今回の滞在もあと1週間を切ってしまいました、、、、、。

| | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

東京白寿ホールにて盛中国ヴァイオリンリサイタル

午前8時半起床。実は昨晩変な姿勢で一瞬にしてぎっくり腰になってしまい、湿布薬を貼って寝たのですがあまり大事にはならず痛みはあるものの動けてホッとしました、、、、。
荷物を用意しながら10時にブランチをしっかり食べる。といっても私は演奏当日はほとんどあまり食べられない。
今年はスペアリブと大根のスープ、ナスの炒め物などなどに白いご飯。
10時40分に迎えのタクシーが来て一路白寿ホールへ。
白寿ホールで演奏をするのは初めてですが、スタッフの皆さんもとっても感じの良いホール。11時過ぎに到着したら、リハーサルを聴いてくれるといってくれた叔父がすでに待っていて一緒に楽屋へ。
こちらの楽屋には白寿社のイオンを流す治療椅子があってコンサートの時に是非試してみて、と言われていたのですが、やはりそんな余裕は全くなく残念、、、、。
今日は楽器を2台持ってきていてその音比べもあり早速舞台階に降りる。
調律の岩崎氏、マネージャーの丸田さん、譜めくりの方、そして焦先生ご夫妻、叔父に楽器比べやバランスを聴いてもらい、今日は私が一番音色が気に入っているニューフェイス ガルネリデルジェスで演奏することになりました。
撮影をしてくださる吉原氏も、このニューフェイスがカメラの針のフレでも音がよく飛んでいるとのお話、やはり諦めずに東京まで持ってきてよかったです。
リハーサルをしているうちにあっという間に1時になってしまい、楽屋に戻り大急ぎで髪を巻きメイクを始める。
もう4ヶ月美容院に行っていない!ので髪型はどうにもならないのですが、コンサート前に美容院に行っている時間と余裕はいつもない、、、、。で、中国では基本髪を切らないことにしている私はいつも東京公演時が最悪な状態なのでした、、、、、。
2時開演。今年は、盛の足が完治していなく東京でも椅子に座っての演奏となりました。
毎年東京で皆様とお会いできることを楽しみに一年過ごしてまいりました。
足をお運びくださいました皆様に心より御礼申し上げます。
怪我を乗り越え焦先生から常に新しいアドバイスをいただき、また一年精進してまいります。
終演後は叔父と従姉妹も一緒に帰宅し、夕食は弟が用意してくれたマイクロタクシーで、北京から駆けつけてくれた周老弟一行をお招きしている神田の金多樓さんへ。
老舗ですがリニューアルオープンされたばかりでピカピカの店内、今日は貸切で周老弟一行4人と叔父と従姉妹を交え9人で、最高のお寿司をいただきました。
いつもながら藤田さん、素晴らしかったです!
で、ものすごくいっぱい日本酒をいただき、お開きに。
それから私たちは叔父たちを六本木のホテルに送りウェンスティンへ行き周老弟一行と合流し、22階のバーで深夜1時半過ぎまで本当に久しぶりに彼といっぱい話しができました。
しかし飲みすぎました、、、、、。
バーでは私は密かにノンアルコールでいたのですが、帰宅後は色々とできないままダウン、、、、。

| | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

コンサート前日 焦先生のコーヒー会へ

今日は連絡事項などをこなしながら、明日のコンサートの全曲目を、今日もプログラム構成のひとくくりずつ録音を録りながら合わせていく。
かなり遅くなってしまいましたが、昼食前に全てのプログラムを終え、3時前に昼食を食べ、食後は着替えて大急ぎでデイズでの焦先生のコーヒー会へ。
1日のレッスン、昨日の調整とお食事、そして今日のコーヒー、とたくさんのパワーを日々のつながりでいただき今年はなんだか特別な感。
先生ご自身も還暦のお誕生日後、目覚ましい進化がをとげられたようで、その恩恵をたくさん頂いて幸せであり感謝です。
帰宅後は、大急ぎでスーパーに走り明日コンサートに出かける前の食事の食材を買い、8時半過ぎまで引き続き練習。
夕食は弟宅で鴨鍋とお蕎麦をいただき、階下に降り深夜までお料理と明日の支度。
そして髪を洗ったりと、結局早寝はならず、1時半過ぎに就寝。

| | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

今日も引き続き栄養満点の一日 焦先生の調整を受け、夜はまきむらへお連れいただく

昨晩から本格的な雨天となり、今朝もまだ降り続いている。
北京も雨が多いけれど、東京も秋とは思えない空模様です。テレビで南極の氷山が崩壊のドキュメンタリー画像を見ましたが、世界の陽気は本当に大きく変わろうとしている感じです。
自然の力はすごい。日頃から畏敬の念を持って暮らさねば、と思います。
今日は午前中竹内治療院にて焦先生の調整を受け、一旦帰宅。
夕方再び焦先生がご夫妻で我が家まで迎えに来てくださり、大森海岸のお料理やさん、まきむらに連れて行っていただく。
まきむらさんには前に一度お連れいただいていますが、素晴らしいお店だったと感動しそれ以来。とっても楽しみにしていたのですが、やはり素晴らしいお料理、厳選された食材ですごくボリュームがあっても完食。
帰路、焦先生が、良いものはお腹に重たくなく寝る頃には少しお腹が空く、と話されたのですが、確かに動画練習の終わる頃には小腹が空いておりました、、、、、。
盛は調整をしていただいてから睡魔に襲われていて、そういう時は休む、とのお話しに帰宅後10時前には寝てしまいました。
明日はコーヒー会、連日心身ともに整えて頂ける幸せ、なんと贅沢な、、、、、頑張ります!

| | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »