« 株洲〜長沙〜北京へ | トップページ | 明日からのツアーを前に練習日 »

2016年12月 5日 (月)

ストラド2本の来訪

午前中、今回のオークション前の講演を聞きに来ていた楽器商の方達が、ストラド2本を持って遊びにみえる。
ストラドに興味があったので、午前中は練習返上で私も彼らの到着を待つ。
1600年代後半のまだ師匠アマティのフォルムに似ている1台、そして1701年黄金時代の一台、どちらも素敵な音でした。
盛が弾けば弾くほど鳴ってきて、盛の楽器とも比べたりとあっという間に1時近くなってしまい、昼食はお二人を大宅門にお招きする。
お一人は元中国国家交響楽団のトランペット奏者、劉さん、もうお一方はスイス在住のベネズエラ人、弓が専門だそうです。
外国のお客様がみえると、やはり英語のリハビリをしなくてはと痛切に思います。
私は昼食の席から、王さんの運転で中日友好病院へ盛の薬を取りに行く。
明後日からは5泊6日のツアー、少しづつ色々と用意しておかねばなりません。
帰宅後はようやく盛の薬交換をし、階下にて練習に集中する。
今回のコンサート、実は思ったように弾けなかった、その原因を突き詰めて考えながらの練習。
時間はいくらあっても足りません。
夕食は、買い物に出かけた盛が買ってきた鴨舌、お昼のテイクアウトにもともと家で食べる予定で買ってきてもらった食材を小会さんが調理してくれた3品を加えすごく豊かな食卓となりました。
しかし明後日から再び留守にするので、明日は何も作らずこれらを平らげて冷蔵庫を片付けて出かけねばなりません。

|

« 株洲〜長沙〜北京へ | トップページ | 明日からのツアーを前に練習日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37380/64693194

この記事へのトラックバック一覧です: ストラド2本の来訪:

« 株洲〜長沙〜北京へ | トップページ | 明日からのツアーを前に練習日 »