« 広東惠州にて梁祝 黄河 コンチェルト公演 | トップページ | 久しぶりに一日自宅にて »

2016年12月12日 (月)

思い出の恵州賓館で昼食会後、深圳経由で北京へ

今日も快晴。広東は暖かいけれど、はやり節気は冬、且つ今日は厳冬の北京に戻るのでしっかり着込む。
荷作りをあらかた済ませて朝食を軽めに食べ、10時に迎えに来てくれた恵州学院の方先生と、長らく会っていない恵州の友人の見舞いに行く。
中風後、車椅子の生活が長いと聞いていましたが、ご夫妻とも思っていたよりしっかりしていました。
盛と東京で知り合い、彼が帰国した後、初めて母と私を中国によんでくれた折、恵州でそれはそれはお世話になった張彩華さんご夫妻です。
私は、肥ったねえ、と言われてしまいました。湯部長にも言われましたが、確かに当時はとっても細かった、、、、、。
色々とお話をして11時過ぎにホテルに戻り、盛の傷口の薬交換をして、湯部長に昼食にお招きいただいている恵州賓館へ。
こちらのホテルは恵州市の迎賓館的場所で、一般には公開されていない。
私と母はこの恵州西湖に浮かぶ小さな島にあるその賓館にずっと滞在したのでした。
個室の円卓につき、湖と蘇東坡の妻のお墓がある古い塔をのぞむ素晴らしい景色を見ていたら、当時の思い出がたくさん浮かんできて涙が溢れてきました。
約30年、本当に色々ありましたが、恵州をはじめ広東ツアーが結局こちらで暮らすことになった決定的な滞在でもあったのです、
湯部長の細やかな心遣いに感謝です。
87年から30年目にあたる今年2016年の師走に恵州で黄河を弾いたというのも本当に縁というかなんというか、、、、。
とにかく胸がいっぱいになった昼食会でした。
食後は懐かしの庭や橋の上で写真を撮り、皆さんとお別れして一路深圳へ。
今日は渋滞なく3時半前に到着し、6時のフライトの便の搭乗までラウンジでゆっくりする。
ほぼ定刻にテイクオフ、今回の長旅も無事終了です。
機内食で夕食を済ませ、9時前に北京に到着する。
気温摂氏2度、スモッグの北京は白黒テレビさながら、、、、、。広東はやはり快適でした。
帰宅後は深夜まで片付け、そして明日のメニューを考え小会さんに買い物リストのメールを送り就寝。
実り多き5泊6日の旅でした。

|

« 広東惠州にて梁祝 黄河 コンチェルト公演 | トップページ | 久しぶりに一日自宅にて »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37380/64693252

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の恵州賓館で昼食会後、深圳経由で北京へ:

« 広東惠州にて梁祝 黄河 コンチェルト公演 | トップページ | 久しぶりに一日自宅にて »